フランス旅行~その7~ルーブル美術館


オペラ・ガルニエからオペラ大通りを南へ15分程度歩くとルーブル美術館だ。アメリカのメトロポリタン美術館、ロシアのエルミタージュ美術館とともに世界三大美術館の一つに数えられる。パリの中心に位置し、元は12世紀末に城砦として建てられ、その後百年戦争、フランス革命を経ながら宮殿から美術館へと変遷をしてきた。年間800万人の訪問者数を誇るパリ、フランスで最も多くの観光客が訪れるスポットとなっている。現在中央出入り口となっているガラス造りの”ピラミッド“は1981年ミッテラン大統領の時につくられたもの。ルーブル美術館は、セーヌ川に面したコの字型の建造物で、リシュルー翼、シュリー翼、ドゥノン翼と3つのウィングに分かれ、その広大さに1週間あってもすべてを見ることが不可能と言われる。

特に有名な作品を3点紹介する。まずは“ミロのヴィーナス”。ギリシア神話におけるアフロディーテ(愛と美の女神)の像で、“ミロ”とは発見地ミロス島のラテン系名称だ。その優美さとその解釈を巡るなぞにより人々を魅了している。次は“サモトラケのニケ”。ギリシアで発見された翼のある勝利の女神像。前2世紀初頭の海戦の勝利を記念する像で、ナイキ社の社名由来ともいう(NIKE)。タイタニックの舳先で空を飛ぶ姿は、ニケの像にイメージを重ねたものとも言われる。次にダヴィンチの“モナリザ”だ。ここがもっとも人手がすごい。絵に近寄ることもできず、写真も撮りそこなった。謎のベールに包まれた笑顔に興味がわく。

ドゥノン翼のグランドギャラリーも人出がすごい。ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ボッティチェリなど、イタリア、ルネッサンスの巨匠たちの作品がずらりと展示された全長450メートルにも及ぶ大回廊だ。人だかりの所にダヴィンチの絵が並んでいる。 “岩窟の聖母”と“聖母子と聖アンナ”が有名だ。ラファエロの「聖母子と聖アンネ」、モンサンミッシェルでも紹介した聖ミカエルを描いた「ミカエル天使の仕事」。そしてボッティチェリの「バラ園の聖母」とフレスコ画「三美神を伴うヴィーナスから贈り物を授かる若い婦人」。有名な受胎告知(レオナルド・ダヴィンチ)、ヴィーナスの誕生/プリマヴェーラ(ボッティチェリ)、ヒワの聖女(ラファエロ)などはイタリア・フィレンチェのウフィッチ美術館にある(イタリア旅行http://okinaka.jasipa.jp/archives/2656参照)。

さらにイタリア画家の作品がドゥノン翼にある。フラ・アンジェリコの「聖母戴冠」、ジェットの大作「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(イタリア・ピサのサン・フランチェスコ大聖堂の主祭壇画として制作)、ヴェロネーゼの「カナの招宴」など。

フランス画家の絵もドゥノン翼だ。ダヴィッドの「ナポレオン1世の戴冠式」、冠を授けているのがナポレオンで、授けられているのは妻ジョセフィーヌだ。1804年パリのノートルダム大聖堂にて行われた。アングルの「オダリスク」(ありえない長く伸びた背中もアングルの特徴とされているが、ありえない長く伸びた背中も含めてアングルの特徴とされている)、ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」(1830年の7月革命)などが有名だ。

彫刻では、ミケランジェロの2体の「奴隷」像、カノーヴァの「アモルの接吻で蘇るプシュケ」などがある。

日本人ガイドが手際よく1時間強で回り説明してくれたが、人込みもあり、けっこう疲れる。そのまま、夕方のセーヌ川クルーズに備えて宿に帰る人も多かったが、私は家内と印象的だった絵を再度見学に行った。

コメントを残す