フランス旅行~その8~モンマルトル


ルーブル美術館訪問の後は、セーヌ川ナイトクルーズだ。9時頃まで明るいため、クルーズが始まるのは9時を過ぎてから。バスで向かう途中の凱旋門を望むシャンゼリゼ通り。乗船待ちでバスを降りたときのマロニエの並木通り。ピンクの花が見える。乗船場は人だかりがすごい。やっと乗り込んだ時のエッフェル塔の夜景だ。あまりうまく撮れなかったが、エッフェル塔は1時間ごとに光を点滅させる(昼のエッフェル塔も掲載)。1時間半程度のクルーズだが、エッフェル塔近くからノートルダム大聖堂のあるセーヌ川の中州シテ島(パリ発祥の地)を回って帰る。沿岸には、ルーブルやオルセー美術館、パリ市庁舎、フランス学士院など由緒ある建物が立ち並ぶ。コンコルド広場の観覧車が美しい、真っ暗になったときのエッフェル塔が薄暮の時とは違って輝いている。

翌日は帰国日で朝から16時頃まで自由行動。ツアーメンバーの方がシャンソンのセミプロで、歌にもあるモンマルトルの丘に行きたいとの事で同行した。ホテルから歩いても30分もかからずに行ける。マロニエの花咲く並木道が気持ちいい。マロニエの花は白が多いが、ここではピンクだ。モンマルトルの丘はパリでは最も高いらしく、その丘に建つ“サクレ・クール寺院”に辿りつくためには、かなりの階段を昇ることになる。シンボルであるサクレ・クール寺院はパリのあちこちから見ることができ、パリのランドマーク的存在になっている。19世紀後半、普仏戦争とパリ・コミューンによって亡くなったフランス市民のために建築されたロマネスク様式・ビザンチン様式の寺院。平日でも多くの人で賑わっている。横に“サン・ピエール教会”がある。丘からの眺望はすばらしい(エッフェル塔が見える場所を選んだらこんな写真になってしまった)。近くの“テアトル広場”では、カフェや土産物店に囲まれた広場に所狭しと画家たちが自作や似顔絵を描いて売っている。中に40年以上パリで過ごしている青森・弘前出身の画家もいた。ここで場所を確保するにはパリ市の資格が必要との事。しかし、資格をとっても競争が激しく毎日場所を確保するのは困難だそうだ。

 

今回の旅を終えて3日後、シャンゼリゼ通り(凱旋門近く)で警察官を狙ったテロがあった。凱旋門からコンコルド広場のシャンゼリゼ通り近くを何度も通ったため、驚くと同時にテロを今回ほど身近に感じたことはなかった。せっかく、楽しく過ごせたフランス旅行気分を害せられたことが非常に無念だ。亡くなられた警察官の方に哀悼の意を表したい。

稚拙な旅行記を最後までお読みくださり御礼申し上げます。今回ご一緒させていただい皆様方とも楽しく過ごさせていただいたことに感謝いたします。今回の旅行記が、これからパリへ行こうとされている方に少しでもお役に立てればと願っています。

「フランス旅行~その8~モンマルトル」への3件のフィードバック

  1. 今回の旅行に一緒した榎です。素晴らしい記録ありがとうございました。
    自分の趣味は俳句ですので、このような細部に亘る旅行記は事後、大変参考になります。また、どこかの旅行でご一緒できれば幸いです。
    耳慣れぬ囀りかむり朝の卓  利風
    囀りや古城の森の静寂かな  利風
    教会の開け放ちあるリラの門  利風
    春霞霽れて名代の古城かな  利風
    春光にモンサンミシェル凛と聳つ  利風
    修道女胸のクロスに風光る  利風

    1. 楽しかった旅行を振り返りつつ、記憶をたどりながら書かせていただきました。読んでいただきありがとうございます。榎様の素晴らしい俳句で再度旅行の風景が思い出されます。またいつかご一緒できればいいですね。

    2. 沖中様
      素晴らしいフランス旅行記、拝読させていただきました。写真、詳細な説明ともに分かり易く、感謝です。
      沖中様のブログで改めて楽しかった旅行を思い出しています。ご縁があってご一緒出来、この旅行記は今までにない素敵な記録として残しておきたいと思っています。そして、フランスはもう一度訪れてみたいと思っています。

      深沢 一三・利子

コメントを残す