okinaka のすべての投稿

36歳でメジャーデビューの歌手”半﨑美子さん”がヒット中!

先月末テレビ(NHKシブ5時)で紹介された“ショッピングモールで客に寄り添う歌手”が気になっていた。「致知2017.12」の「第一線で活躍する女性」シリーズで紹介された半﨑美子さんの記事を読んで、彼女がテレビで紹介された歌手だったことに気づいた。記事のタイトルは「自分よりも、自分の歌が長生きすることを願って」。

半﨑氏は今年4月に36歳でメジャーレビューし、レコチョク(国内最大級の音楽配信サイト)で、シングル1位(サクラ~卒業できなかった君へ~)、ミニアルバム「うた弁」で2位にランクイン、デビュー後初めてのワンマンライブも販売開始からわずか1分でチケット完売という華々しさだ。19歳で札幌大学を中退し、歌の道を目指して何のあてもなく上京し、音楽の道を求めて四苦八苦しながら、32歳の時全国のショッピングモールを回り始めたのが大きな転機になったと言う。200か所以上回り、「ショッピングモールの歌姫」とも呼ばれたそうだ。ライブ後のサイン会でいろんな悩みを打ち明けられ、一緒に涙を流す姿もテレビ放送で写されていた。そしてその悩みを歌にして元気付けたりしながらファンを増やしていった。この経験から、誰かの気持ちに寄り添うような曲を書くようになった。本人曰く「どこにも所属せず、販売網も持たない自分の弱みを強みにできたことが嬉しい。自分でお客様と直接やり取りするので、一人ひとりとの結びつきがすごく強くて、人一倍応援をしていただけました」と。その結果、音楽業界でだれもが憧れる“赤坂BLITZ”という1000人規模のライブ会場で、2014年から3年連続でチケット完売の記録を残した。

心に響く楽曲に由来して「メンタルソングの女王」とも称され、サザンオールスターズの桑田啓佑からも絶賛され、笑福亭鶴瓶師匠からもラジオ番組で応援してもらっている。
「明日へ向かう人」は、サイン会で泣きながらCDを買いに来られた方が、息子さんを交通事故で亡くされたことを聞き作った曲だとか。音楽に人生をかける半﨑氏は、教科書に自分の歌が乗ることが夢で、今年の春、NHKの“みんなのうた”で「お弁当ばこのうた~あなたへの手紙~」が選ばれたことを喜んでいる。多くの人の悩みに寄り添い、歌で元気づける半﨑氏を応援したい。

北欧2都&ロシア~モスクワ編~その2

前稿でクレムリンを紹介したが、その他のモスクワを紹介する。

まずはモスクワ川南岸の展望スポット“雀が丘”。あいにくの天気だったが、モスクワの中心街や、1980 年にオリンピックが開催されたルジニキ オリンピック スタジアムも見える。振り返ればロシアきっての大学“モスクワ大学”が。

クレムリン近くに“ホワイトハウス”とも呼ばれるロシア連邦政府庁舎(ベールイ・ドーム)がある。1991年ソビエト連邦が崩壊し、ロシア連邦が誕生。第1代大統領のエリツィンがホワイトハウスに立て籠もった反体制派に対してモスクワ川の橋の上(写真を撮った場所)から銃撃し多くの人を殺したいわくつきの建物だ。

モスクワ郊外のノボデヴィチ修道院(1524年)。ピョートル大帝の姉ソフィアが、権力闘争に敗れて弟によって幽閉された修道院でもある。トルストイの「戦争と平和」などにも登場する。湖には今はカルガモが泳いでいるが、チャイコフスキーがこの湖に泳ぐ白鳥を見て、「白鳥の湖」を制作したとか。

市内に戻って、再度クレムリンの“赤の広場”にある“聖ワシリー大聖堂へ(1560年)。イヴァン4世(雷帝)がモンゴル戦勝記念で作らせた。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われ、クレムリンと共にユネスコの世界遺産に登録された。この大聖堂の後方は”赤の広場“だ。右側の白い建物(百貨店らしくないが)は、「グム百貨店」(1893年)。国営時代もあったが、今は民営で高級品店も含め200店舗が営業している。次の写真が百貨店内部の写真だ。赤い広場の奥に赤い尖塔のある建物は歴史博物館、左の尖塔は、クレムリン編でも紹介した“ニコリスカヤ塔”だ。左側で広場に突き出た建物が“レーニン廟”だ。

夜景も美しい。最初の3枚が赤の広場(2枚目の奥に聖ワシリ大聖堂、左がグミ百貨店)だ。
次の3枚は赤の広場からホテルに帰る途中の夜景だ。

モスクワのホテルは「メトロポール」。クレムリンに近く、要人が宿泊するホテルらしく、外観はともかく内部はすごかった。朝食(バイキング)にワインがあるのは初めての経験だった。

これで今回の旅行記を終えるが、最も印象的なのはやはりペテルブルグだ。ヘルシンキからの特急列車で夜はじめてロシアの地に降り立った時は、駅周辺が暗くロシアとはこんな雰囲気かと思ったが、ネヴァ川に差し掛かった時、ネヴァ川周辺のライトアップに印象がガラリと変わった。今回は2日間の見学だったが、見所が多く、もっとゆっくり回りたいと強く思う街だった。ロシアに対する印象が多少変わった。

北欧2都&ロシア旅行記~モスクワ編~その1

いよいよ旅も最後になってきた。サンクトペテルブルグから飛行機で1時間半。モスクワ到着後、すぐ“クレムリン観光”だ。”クレムリン“とは城塞を意味する。12世紀に最初の城塞が築かれた後、15世紀に現在の多くの建造物が建てられた。しかし18世紀には首都がサンクトペテルブルグに移り、クレムリンは一時的な空白期間を迎える。19世紀にはナポレオンの占領で一部が破壊されたが、間もなく修復され、さらに「大クレムリン宮殿」や「武器宮殿」が増築されてクレムリンは巨大化していった。クレムリンが再び国の中心となったのは、1917年のロシア革命以降だ。総延長約2,235mの城壁内には、見どころが満載。

トロイツカヤ塔を通って入城だ。”スパスカヤ塔“や#ニコリスカヤ塔”が見える。クレムリンの城壁には20の塔が併設されている。そのうちの5つの塔の先端には、ルビーでできた直径3mの赤い星(クレムリンの赤い星)が輝いている。

次にウスペンスキー大聖堂に向かう。この広場に面して3つの聖堂と鐘楼がある。
まずもっとも有名な“ウスペンスキー大聖堂”(1479年)。ロシア帝国の国教大聖堂として、皇帝の戴冠式やモスクワ大司教の葬儀なども行われた。近くにあるのが“ブラゴヴェシチェンスキー聖堂”(1489年)。イヴァン大帝のための個人礼拝堂だ。隣り合わせにあるのが金と銀のドームが見える“アルハンゲルスキー聖堂”(1508年)。軍の守護聖人を祀って建てられた。広場の一角には、見張りの塔の役割も兼ねていた“イヴァン大帝の鐘楼”がある(1508年)。その鐘楼前の広場では、高さも直径も6メートルを超え、重量は200トンといわれる鐘が飾られている。一部が欠け、本来の役目を果たすことがなかったそうだ。

少し歩くと、19世紀造営の「クレムリン大宮殿(大クレムリン宮殿)」がある。今日は何かの行事があるのか、国旗が掲げられ、高級車がずらり並んでいる。

次に“武器庫”と”ダイヤモンド庫“に行ったが内部は撮影禁止。”武器庫“は、16世紀には武器の製造・収納庫として作られたが、首都がサンクトペテルブルグに移った際、帝室所有の貴重品を収める宝物殿となり,1813年に博物館として発足した。ここには武器,防具類のほか,キエフ・ロシア時代の王冠をはじめ,代々のツァーリの玉座や衣服や馬車,金・銀製の食器,金糸と真珠をちりばめた高位聖職者のための僧衣などが数多く収められている。どこもかしこもキンキラキンだ。ロマノフの至宝”インペリアル・イースターエッグ“も飾られている(土産物屋で必ずお目にかかる)。”ダイアモンド庫“には、エカテリーナ2世が愛人から贈られた189カラットの世界一のダイヤモンドが見ものだ。

プーチン大統領が職務にあたる“大統領官邸”がある。クレムリンの近くにボリショイ劇場が見えた。