「ベランダ」カテゴリーアーカイブ

あけましておめでとうございます

雲一つない絶好の天気の中で、2018年、平成30年を迎えることができました。といっても、北陸、東北、北海道では豪雪に見舞われ、大変な年明けではないかと、ご苦労をお察しいたします。
昨年3月、6年間続けさせていただきましたJASIPAの特別顧問の職を70歳の大台を迎えたこともあり、辞させていただきました。が、何が起こるか不透明さがますます増す時代、JASIPAに集う中小IT企業こそがその機敏さ、柔軟さを活かしてそれぞれの力を糾合して立ち向かうことが、日本の企業の成長に寄与できるものと確信し、FBなどを通じてその活動を見守っていきたいと思っています。
JASIPAは、理事長はじめ幹部の皆さんが若返り、目に見えて活動が活発化してきています。これまで関西支部では活動が活性化していた、“JASIPA協業フェア”が東京でも始まり、“ICTビジネス委員会”と合わせて、各社の強みをアピールしながらアライアンスを強化する場が強化され、そして“グローバルビジネス委員会”においては、2016年のベトナムに続きフィリピンのIT団体との提携も行われました。3か月に1回行われている定期交流会(非会員も参加可能)もますます活況を呈しているようだ。1月24日(水)は「5年後の会社はどんな姿だろう~5年後をイメージすれば、やることが山ほど湧いてくる~」と題しての株式会社システムインテグレータ代表取締役社長 梅田弘之様の講演も興味深い。その他“研修委員会”や“ES委員会”もいろんな工夫を凝らしながら会員サービスを強化している。
大企業が集うJISAとは雰囲気が全く違って和やかに、ある時は厳しい意見交換ができる雰囲気を持ち合わせている。委員会含めて会合終了後は賑やかな会話が飛び交う交流会が待っている。人の輪を作り、会員同士日常的に交流を深めているようだ。
不透明さが増す時代においては、多様な情報を交換しながら、時々の迅速な意思決定の支えにすることが非常に重要になってくる。
まだ会員でない企業の方も、ぜひ一度JASIPAのホームページをのぞいていただきたい。そして、一度上記各種会合に出ていただければその雰囲気をお判りいただけると思います。
日本のIT企業が日本だけではなく世界を相手に戦える実力を備えるためにも中小IT企業が協力しあって頑張っていただきたい。その輪の中心にJASIPAがある、そんな世界を初夢で見たいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

我が家のベランダでは、正月に合わせるように水仙の花が満開になりました。シクラメンやメネシア、パンジー、カランコエ、ゼラニウムなどの花も見事に花咲かせています。

わが家のベランダ

ペルラゴニウムが今年も咲き誇る時期が来ました。20年前姫路から東京に転勤してきたとき持ってきた一鉢のぺラルゴニウムがこんなに増えました。今年は、古い木をあきらめ、若い木を挿し木して増やしたものが主体です。やはり、毎年挿し木で増やすのがこつのようです。

カメラの“スウィング機能”を初めて使い、ベランダの高角撮影を試みました。逆光で出来栄えがあまりよくありませんが、部屋の中から眺めた姿です。ぺラルゴニウムのほか、バラやベルフラワー、ニオイバンマツリ、ブルーサルビアなど、多彩な花の咲く最も見ごろのベランダです。

“月下美人”2年ぶりに咲く!

DSC01566

今朝イチローの3000本安打達成のビッグニュースが飛び込んだ。外野フェンス直撃の3塁打だからすごい。心からおめでとうと言いたい。それを祝うように、我が家の月下美人が昨夜2年ぶりに咲いた。10日ほど前に朝起きて見ると、すでに咲き終わった2つの花が。まだまだと思っていたが、夜咲いたのに気付かず、管理不足を悔いたのだが、すぐその後にいくつかのつぼみが付き、そのうち2つが見る見る大きくなり、昨夜見事に咲いた。これまでにも2回当ブログで紹介した(2014年9月:http://okinaka.jasipa.jp/archives/1690,2011年9月:http://okinaka.jasipa.jp/archives/92)が、これまでは9月の中秋の名月、あるいは新月の時に咲いた。今回は三日月に近い月齢タイミングの8月に咲いたので、“新月に咲く”との話は真実ではないようだ。何度見ても美しく、芳香な香りが家中に漂う(今回は咲きそうなタイミングでべランダから家の中に移して監視)。最後の写真が朝起きたときの咲き終わった寂しい月下美人だ。
花名の月下美人は、この花が夜に咲き始め、翌朝までにしぼんでしまうことに由来するといわれ、その花言葉は「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」。

DSC01563DSC01564DSC01567