「ポジティブ心理学」カテゴリーアーカイブ

レジリエンス(逆境力)が道を開いた!羽生結弦

フィギュアスケートのグランプリファイナルでの羽生の復活は、世界に感動を与えた。「致知2015.1」に、国内外のビジネスマンにレジリエンス(逆境力)を指導、その意義を伝えられている久世浩司氏(ポジティブサイコロジースクール代表)の「逆境力が道をつくる」との記事の中に、ソチオリンピックでの浅田真央選手に関する次のような文章がある。

ソチ五倫の団体戦ショートプログラムでトリプルアクセルに失敗して三位、女子シングルスのショートプログラムも転倒を重ねて16位まで順位を落としました。「何もわからない」と放心状態でインタビューに答えていた浅田選手ですが、翌日に行われたフリーでは八度の3回転ジャンプを見事成功させ自己ベストを更新したのです。一度も転倒せず滑りきったのはレジリエンスの強みと言うほかありません。

羽生選手もグランプリ中国大会での不幸な事故で、グランプリ中国大会と日本でのNHK杯では不本意な成績で、何とかグランプリ出場を果たしたレベルだった。しかし、グランプリファイナルでは見事今シーズンベストの成績でダントツの優勝、昨年に続き2連覇を果たした。何という精神力、逆境力かと世界中が驚かされた

レジリエンスに関しては、当ブログ”逆境力(レジリエンス)=“折れない心”の育て方とは?(http://okinaka.jasipa.jp/archives/564)で、ある私立高校では、イチローや長友選手など逆境を乗り越えた生き方の勉強を通じて、逆境力をスキルとして身に付けるレジリエンス教育を実施していることを紹介した(NHKのクローズアップ現代)。と同時に、「レジリエンスの鍛え方」(久世浩司著、実業之日本社、2014.3)という本の紹介もした。

久世氏はP&Gに入社し、30代半ばマーケティングの責任者の時代に赴任先のシンガポールで商品の風評問題に直面、海外のメディアにも叩かれ売り上げが激減し、ただもがき苦しんでいた時期があったと言う。その時に出合ったのが、「ポジティブ心理学」という新しい学問に関する新聞記事だったそうだ。そして、その教室がシンガポールの自宅のすぐそばで、そこで出合ったポニウェル博士、そのワークショップが“レジリエンス”だった。ちなみに“ポジティブ心理学”(当ブログでも3回ほど紹介した。例えばhttp://okinaka.jasipa.jp/archives/365)は健常な精神状態の人をより元気に、幸せにする心理学。一方“レジリエンス”は、ストレスを抱えて落ち込んでいる人をまずは元の心の状態に戻した後、より高みに引き上げていくというもの。久世氏は「干天に慈雨」のことばそのままに、ポニウェル博士の言葉が心に吸収されていったと言う。その教えをコツコツと仕事の中で実践する中で、精神状態も安定し少しずつだが仕事も軌道に乗り、業績もV字回復するまでになった。その成果を実感し、仕事の悩みを抱く同世代のビジネスマンに広く知ってもらいたいとの思いが強くなり、40歳を前にP&Gを退職し、国内初のポジティブ心理学の社会人向けスクールを設立された。

久世氏は、スポーツ選手にも見るように、”武士道“を精神の基本としてきた日本は逆境から立ち上がる堅忍不抜、不屈の精神を美徳としてきたレジリエンスの国と言う。大地震に遭遇しても、その試練にくじけることなく悲しみを乗り越えて雄々しく前進し、意識せずともレジリエンスを発揮しているとも言う。仕事の中で、ストレスに打ち勝ち勇気ある一歩を踏み出せる人を応援していくために頑張りたいと締めくくる。失敗を素直に見つめなおし、さらに高みを目指す羽生選手、浅田選手の強さに感心するだけではなく、見習うべく”レジリエンス“にも興味を持ってもらいたい。

“逆境力”(レジリエンス)=“折れない心”の育て方とは?

4月17日のNHK「クローズアップ現代」でレジリエンス(逆境力)をテーマとする放映があった(http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3486_all.html)。また「レジリエンスの鍛え方」(久世浩司著、実業之日本社、2014.3)と言う本が出版され、そのカバーに「NHKクローズアップ現代で紹介」とある。期せずして「レジリエンス」と言う言葉に興味を持った。

世の中、競争時代になりストレスをためる人が多くなったことで、どんな逆境においてもそれを克服する力(技術)を身に付けることの重要性が増してきていると言う事なのであろう。久世氏の本の上記タイトルの前に「世界のエリートがIQ・学歴よりも重視」とある。

NHKでは、ある私立高校でのイチローや長友選手など逆境を乗り越えた生き方の勉強を通じて、逆境力をスキルとして身に付けるレジリエンス教育や、ある大学での心の折れやすい人と折れにくい人の違いを「けん玉をやらせる実験」で明らかにする試み、大手製薬会社での食事への取り組みやインターバルトレーニングの効果などを紹介している。

精神科医の大野裕氏は逆境力に必要なスキルを、「感情コントロール」、「自尊感情」、「自己効力感」、「柔軟性」の4つに加えて、「人間関係」を挙げる。状況に一喜一憂しない「感情コントロール」、自分の力を過小評価しない「自尊感情」、自分が成長前進していると感じることが出来る「自己効力感」、失敗の中でもいつかは出来ると考える「柔軟性」だ。そして、折れそうになった時、どうしても内向きになり自分の中に貯めてしまう傾向に陥り孤立しやすいが、愚痴を言ったり困ったことを話したりできる人がいることも重要と「人間関係」も加える。

「レジリエンスの鍛え方」では、ポジティブ心理学をビジネスの現場で生かす人材育成に取り組んでいる久世氏は、レジリエンスを鍛えるための技術を挙げる。

①ネガティブ感情の悪循環から脱出する
②役に立たない「思い込み」を手なずける
③「やればできる!」という自信を科学的に身に付ける
④自分の「強み」を活かす
⑤心の支えとなる「サポーター」をつくる
⑥「感謝」のポジティブ感情を高める
⑦痛い経験から意味を学ぶ:過去の逆境体験を振り返り見つめ直す。

NHKの番組でいっていた、5つの要素にも通じるものだ。

ますます激しくなる競争社会、ストレス社会において、逆境に遭遇した時、それを克服する力が、より以上に求められる。忍耐力の低下(http://jasipa.jp/blog-entry/9448)問題もそうだが、逆境力についても、真剣に考えるべきテーマかもしれない。

“日本の子どもは忍耐力に欠ける”ってほんと?!

21日の日経朝刊にOECD(経済協力開発機構)による15歳を対象とした2012年アンケートの調査結果として、調査に参加した44カ国・地域で日本の「忍耐力」は最下位との記事があった。

質問は5項目。()内数値は、日本、OECD平均を示す。‘約’と付けた数値はグラフから読んだ数値。

  • ●「困難な問題に直面するとすぐにあきらめる」(22%、17%)
  • ●「難しい問題は後回しにする」(約50%、約30%)
  • ●「すべてが完璧になるまで課題をやり続ける」(25%、約57%)
  • ●「取り組み始めた課題にはいつまでも関心を持つ」(29%、約50%)

全ての質問に対して、日本はOECD平均よりかなり悪い結果が出た。OECDの学習到達度調査(PISA)は2000年から3年ごとに実施している。昨年12月はじめに発表した「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」の全3分野については日本の平均点は2000年の調査開始以降で最も高く、順位(それぞれ4位、7位、4位)も前回を上回った。当時の新聞では「2003年の調査で順位が急落した「PISAショック」をきっかけに、「脱ゆとり教育」へ転換したことが功を奏したとみられる。」とある。また日本をはじめアジア各国・地域の子供たちの「問題解決能力」が、欧米などに比べ高いことが分かった(7位までアジア地域が占め日本は3位)。「問題解決能力」とは、初めて経験することなど解決方法がすぐには分からないような問題が起きたとき、これまでの知識や技能を生かして状況を判断し、解決しようとする力と定義される。コンピューターを使って行われ、説明書がないエアコンの温度と湿度を調節する操作方法を考えさせたり、初めて見る自動券売機で指定された乗車券を購入させたりする問題が出された。だが、日本の場合、得点が高い割には自信がないという、精神面の問題が明らかになった。今回の日経の記事は、同時に実施した「忍耐力」の自己評価に関してである。「物事の理解は早いほうだ」「多くの情報を扱うことができる」と考えている割合も最も低く、自己肯定感が欠如していることも浮き彫りになった。自己評価の為、日本人の謙遜(控えめ)気質が影響したのではと見る向きもありそうだが、文科省はこのデータを見て「粘り強く取り組む力も育てたい」と言っている。

各国もこの調査結果をある程度意識しながら教育改革を進めている。日本でも、脱ゆとり路線に転換した平成20年の学習指導要領改定後、例えば神奈川県教委は「『問題解決能力』育成のためのガイドブック」を作成。理科の実験や社会のフィールドワークなどで、状況の判断力や分析力、問題解決への意欲を高めるプログラムを提唱している。アジア勢でも近年、PISAに対応する教育改革を進めており、シンガポールでは、国家予算の約2割を教育関連政策にあて、理数重視のカリキュラム開発に力を入れていると言う。

日本人の特質とも言われ、東日本大震災時も発揮され世界から評価された「忍耐力」がこんな実態であることに驚く。若い人たちが自信を取り戻すためにも、「日本人の誇り」や「自己肯定感」の教育にもっと力を入れる必要があると思われる。

<参考>自己肯定感に関する記事:http://jasipa.jp/blog-entry/6579