「思いやり人生」カテゴリーアーカイブ

夫婦円満の秘訣(ベスト・パートナーになるために)

以前NHKの「家庭内別居スペシャル」の番組を紹介(http://okinaka.jasipa.jp/archives/1509)し、自省の弁を述べた。今回紹介するのは、「ベストパートナーになるために~男は火星から、女は金星からやってきた~」(ジョン・グレイ著、大島渚訳、三笠書房、2013.7)の本だ。この本での指摘が、我が家のコミュニケーションのすれ違いの原因として、面白いほど納得性があることから、その一部を皆様にも紹介することにしたい(ただし、我が家には当てはまるが、男女の違いに関して普遍性があるとは思わないことは言っておきたい)。”男性“を私、”女性“を家内と読み替えて頂きたい。

女性がストレスや心に不安定さを覚え、男性にそのストレスをぶつけた時、男性の反応にさらに落ち込んだり怒らせたりするのはなぜ?→→こんな時、女性は親しい人の愛情が欲しくて、自分が決して孤独な存在ではないと確信したい。相手からの同情、理解、慰めを強く求める。男性はその心理に気付かず、むしろ女性の事を気遣うが故に、そっと一人にしておいてあげるべきと考えたり、あるいは問題解決してあげればいいと、性急に解決策を示して女性を追い込むことになりやすい。

たまったストレスの対処方法が、男性と女性では違う→→男性は自分の心の穴に閉じこもり、問題解決することに全神経を集中させる。そのため、相方の女性への気遣いがおろそかになる。一方、女性は自分の感情について思いっきり話したくなる。ひとたび話し始めると問題の重要性に関係なく、ただアトランダムに様々なことについて自分の感情をぶちまける。問題の解決をしたいのではなく、自分の感情を相手に理解してもらい、自分なりに救われた気持を得ることを優先する。パートナーに自分の、話に耳を傾けてくれた、理解してもらえたと実感できたことでストレスは一気に解消する。

男性は女性のひと言を”誤解“している→→例えば「あなたは私の話を少しも聞いてくれない」と言う言葉を彼女は「少しも」と言う言葉を文字どおりに解釈してほしいとは望んでいない。「少しも」とか「絶対に」と言う言葉を使うのは、彼女のフラストレーションの度合いを表現している。すなわち女性は自分の感情を目いっぱいに表現する。一方、男性はその言葉を聞いたとおりに解釈してしまうため、行き違いを生じさせる。

”大きな贈り物“と”小さな気遣い“は女性にとっての価値は同じ?→→とかく男性は”一点豪華主義“の愛情表現だけで安心し、女性が本当に望んでいる”小さな幸せ“を積み重ねる努力を怠ってしまう。女性には”愛情タンク“があり、ガス欠にならないよう小さな愛情でもいいから頻度を多く、常に”満タン“状態に保つことがベストパートナーになる秘訣だ。

家内とのやりとりで、コミュニケーションが上手くいかないケースも多いが、上記の事が、我が夫婦の事を言っているのかと思うほど、当てはまるのに驚いた。こういうことを認識しながら、家内への心配りを心掛け、今以上のベストパートナーを目指して頑張りたいと思う。

今日は81歳となられる天皇誕生日

昨年の天皇誕生日にも天皇・皇后両陛下に関する記事をUPさせて頂いた(http://okinaka.jasipa.jp/archives/512)。ぜひ読み返して頂きたいが、今年もご高齢の両陛下の国民を思うお気持ちと、その行動力にほんとに頭の下がる思いであり、これこそ日本人の規範でもあり、誇りでもある感をより強くしている。自然災害などの際、いち早くお見舞いに行かれるそのお気持ちは、今年も広島市の土砂災害への慰問などの行動でもあらわされている。今朝の日経など各新聞に、誕生日をお迎えになった天皇陛下の記者会見の内容が掲載されている。その中から3つのお言葉を紹介する。

今年公開された「昭和天皇実録」に関連して、昭和天皇から学んだこととして

人の事を常に考えることと、人から言われたからするのではなく、自分で責任を持って事に当たると言うこと

を挙げられた。

戦後70年の節目に当たって

(戦争で亡くなった)人々の死を無にすることがないよう、常により良い日本を創る努力を続けることが、残された私どもに課せられた義務であり、後に来る時代への責任であると思います。

と述べられた。来年は長年の悲願のパラオを慰霊のため訪問される。

最後は、広島土砂災害、御嶽山噴火に加えて、

大きく取り上げられる災害ではありませんが、常々心にかかっていることですが、私自身高齢になって転びやすくなっているものですから、高齢者の屋根の雪下ろしはいつも心配しています。

と大雪が続く地域の人への気遣いを言葉にされた。

今日の皇居での天皇誕生日参賀に2万数千人が訪れたことが昼のニュースで報じられていた。今日のこの日、天皇・皇后両陛下の思いに心を馳せ、日本人の規範として自らの行動を顧みる日としたい。

飛鳥へそしてまだ見ぬ子へ

「死との対決」によって「生」を鮮烈にして逝った一人の若者がいました。1979年の1月21日、富山県の砺波市という町で、ガンで亡くなった井村和清さんです。

彼は医師でした。右膝に巣くった悪性腫瘍の転移を防ぐため、右脚を切断しましたが、その甲斐もなく、腫瘍は両肺に転移してしまいます。そして、昭和54年1月、亡くなりました。享年31歳でした。その彼が遺書を残しているんです。その遺書は「ありがとう、みなさん」と題されています。

そしてこの遺書を素早くNHKが取りあげ(1981年朗読:宇野重吉)たり、1982年には映画化され(主演名高達郎、竹下恵子)、そして2005年フジテレビでテレビドラマ化され(稲垣吾郎、紺野まひる)ている。私はどれも見ていないが、今朝の致知出版社の人間力メルマガでこの遺書を知った。FACEBOOKでも紹介されている。その遺書の一部を紹介する。

「心の優しい、思いやりのある子に育ってほしい」と書き、

思いやりのある子とは、まわりの人が悲しんでいれば共に悲しみ、
よろこんでいれば、その人のために一緒によろこべる人のことだ。
思いやりのある子は、まわりの人を幸せにする。
まわりの人を幸せにする人は、まわりの人々によって、
もっともっと幸せにされる、世界で一番幸せな人だ。
だから、心の優しい、思いやりのある子に育ってほしい。
それが私の祈りだ……。
私はいま、熱がある。咳きこんで苦しい。
私はあと、いくらもそばにいてあげることができない。
だから、お前たちが倒れても手を貸してあげることができない。
お前たちは倒れても自分の力で立ち上がるんだ。
お前たちがいつまでも、いつまでも、幸せでありますように。
雪の降る夜に 父より」

「郷里へ戻ると父が毎朝、近くの神社へ私のために参拝してくれていることを知りました。友人のひとりは、山深い所にある泉の水を汲み、長い道程を担いできてくれました。これは霊泉の水で、どんな病気にでも効くと言われている。俺はおまえに何もしてやれなくて悲しいので、おまえは笑うかもしれないが、これを担いできた。彼はそう言って、一斗以上もありそうな量の水を置いてゆきました。また、私が咳きこみ、苦しそうにしていると何も分からぬ娘までが、私の背中をさすりに来てくれるのです。みんなが私の荷物を担ぎあげてくれている。ありがたいことだと感謝せずにはいられません。皆さん、どうもありがとう。

この方の人生は最初の遺書にある「思いやり」の人生であったことが偲ばれます。

この遺書には「あとがき」があり、「奥さんと子供(飛鳥)の二人では心もとない。何としてももう一人子供が欲しいとの祈りが通じ、奥様の胎内に待望の子供が宿った」と書かれています。「子供二人で細い体の妻を支えてくれ」との願いに奥様への大きな思いやりがあります。そして両親(母は継母)に対する思いを綴り、先立つ死を詫びつつ、両親をよろしくと心よりお願いされています。

そして最後に

ありがとう、みなさん。
世の中で死ぬまえにこれだけ言いたいことを言い、それを聞いてもらえる人は滅多にいません。
その点、私は幸せです。人の心はいいものですね。
思いやりと思いやり。それが重なりあう波間に、私は幸福に漂い、眠りにつこうとしています。
幸せです。
ありがとう、みなさん、ほんとうに、ありがとう」

井村さんが亡くなられてから30年以上たち。お子さんたちはお父さんの遺志を受けて成長されていることと思います。ほんとに、涙なくして読めない遺書です。最近「人生のエンディング」に関する書籍や記事が目立つようになりましたが、死に際し「私の人生は幸せだった」と心から言えるようにしたいものです。