「社会事象」カテゴリーアーカイブ

「新日鉄誕生(日経記事)」

1970年に八幡製鉄と富士製鉄が合併してから42年、今年10月に新日鉄と住友金属が合併する。今朝の日経11面、「日曜に考える」欄の『経済史を歩く』2回目の記事が「新日鉄誕生」だったが、1971年入社の私としては、一番に目に留まった記事だった。今年の3月に入社後初めての同期会(http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/date/2012/3/23)があったが、我々同期は純粋に「新日鉄」に生きてきた1期生とも言える(採用時から退職時までほとんどの人が純粋に新日鉄。ただ、いまだに子会社の社長などで活躍している人もいる)。

当時は、米国も鉄鋼生産がピッツバーグを中心に盛んで、世界の鉄鋼業をリードしていた。1967年の粗鋼生産世界一位はUSスチールで八幡、富士は4位、5位に甘んじていた。国内では需要は急増していたが、各社が過当競争の中で溶鉱炉を次々と新設(新日鉄も君津に続き大分も建設)し、製品市況は低迷していた。世界と競争するためには、合併して粗鋼生産世界一、売上高日本一の巨大企業を作り、業界内で強力なリーダーシップを発揮し、過当競争を防ぐこと、それが求められていた。合併直後オイルショックなどの激変があり、粗鋼生産は1973年をピークに頭打ちとなったが、新日鉄はシェアを譲りながら業界秩序を守ったとある。

その後も日産ゴーンショックが契機と言われる、川鉄・日本鋼管の合併(JFE)もあったが、ミタルがアルセロールを買収し、ダントツの粗鋼生産世界一になった頃から、新日鉄はじめ日本の鉄鋼業も買収の危機感から、再編が再度言われ始めた。今回の新日鉄・住金の合併もその流れにあると思われる。日本全体のシェアが頭打ちの状態の中、この合併により粗鋼生産世界2位に浮上できる。

「あの時合併していなかったら、日本の鉄鋼業界は大変なことになっていた」と当時秘書課長や鉱石課長だった勝俣孝雄氏、今井敬氏は言う。当時合併を推進し、多くの反対を押し切った稲山、永野氏の決断は素晴らしいものだったと思う。合併と共に入社した我々は、風土・文化の違いにたびたび遭遇し、苦い思い出も多いが、今となっては、統合に貢献できたことが懐かしくかつ誇らしく思い出される。「先を見た決断」、リーダーシップの重さをつくづく思い知らされる。

当シリーズの3回目は「東京通信工業(現ソニー)」だそうだ。

エルピーダ更生法申請!

今週28日の各新聞の朝刊トップ記事に、エルピーダが会社更生法を申請し、事実上倒産したことが報じられた。NEC,日立、三菱電機のDRAM事業を統合し、テキサスインストルメントから招いた半導体専門家坂本社長の剛腕で、サムスンを超え世界一を目指すとしたが、残念ながら夢の実現は叶わなかった。半導体事業は、ともかくマーケットが頻繁に動く中で、商品が成熟する間もなく先に向けた投資を適切に実施出来なければ生き残れない、非常に厳しい業界と聞く。今回も、リーマンショックの痛手から立ち直れない状況の中で、サムスンはパソコン向けDRAMからスマホ用DRAMにいち早く切り替え(投資し)たが、資金繰りが厳しいエルピーダは、その切り替えに後れを取ってしまった(円高もあるが)。坂本社長は社長就任後、ともかく浮き沈みの激しい中、資金繰りに日々奔走されていたとか。やはり厳しい業界だ。

それにしても、世界に誇れる「日の丸技術」があらゆるところで苦境に立っている。日経の「日曜に考える(2012.2.12)」に「日の丸技術:復活の条件―オープンな若い感性が重要に」との記事が掲載されている。日本のデジタル事業を牽引してきたソニーやパナソニックはどうしたのか?ソニーで言えば平面ブラウン管の成功が薄型テレビへの移行を遅らせ、MD(ミニディスク)の事業が音楽ネット配信を阻んだ。「iモード」を守ろうとしたNTTドコモはスマートフォンに出遅れ、その機能を引き継ごうとして通信障害を起こしたと言う。フィンランドのノキアも、「ブラックベリー」のRIMも同じく、成功体験が変化を拒んだ。アメリカでは、以前はハイテク産業の中心はボストン周辺だったが、パソコン・インターネットの出現でシリコンバレーにその座を奪われた。部品から製品、サービスまで社内で手掛ける東海岸モデルは、一度成功するとそれを守ろうとする力が働くと言う。一方で、半導体や製品、ソフトなどを異なる企業が提供する西海岸モデルは、階層ごとに競争原理が働き、変化への対応がしやすいとカリフォルニア大学の教授は分析する。日本や、欧米で苦戦する企業はたしかに東海岸モデルと言える。そのような企業は終身雇用制など人材流動性が低いし、経営者には過去に成功した人が就き、過去のモデルを壊しにくい。アップルや、グーグル、フェイスブックなどは過去の成功資産にも上司にも気を使う必要がないらしい。

「日の丸技術」復活に向けて、ソニーの次期社長平井氏(51歳)に期待が集まっている。

LCCの雄 サウスウェスト航空

アメリカで、最優良航空会社、世界最強LCC(格安航空)として知られるサウスウェスト航空をご存知ですか?1971年にボーイング737 3機のみで、短距離路線に特化して運行開始した。1967年に設立した際は、他社の妨害で裁判の連続だったが、1973年以降、湾岸戦争、リーマンショックをも乗り越え黒字を継続しており、他社を凌ぐ利益率を誇っている。

どんなに事業が順調でも決して国際便などに手を出さず、「短距離直行便を頻繁に利用する州内旅行客に、良質で低価格のサービスを提供すること」の方針を徹底して遂行している。例えば、ダラス~サンアートニ間で他社のエコノミークラス62ドルに対してサウス社はたったの15ドルだった。有る株主が「2~3ドルあげてはどうか」と尋ねたところ、「我が社の競争相手は、地上の輸送手段だ」と応えたとか。

人件費以外の徹底したコスト削減を実施している。例えば、機種はボーイング737に統一し(現在は100%ではないが)、パイロット、整備士の効率アップを図り、機内食を廃止し、機内の調理設備スペースは客席にする。到着後、出発までの準備時間は他社の半分。地上要員が、FIレースのピットイン時さながらにすばやく働く。パイロットも客室乗務員も手伝う。皆が定刻通りに飛行機を飛ばすために一致団結している。ちなみに席指定はなく、搭乗券も紙ではなく再利用可能なプラスチック。

結果として、定時運行率、手荷物紛失件数の少なさ、利用者からの苦情の少なさの3点で常にトップの評価を継続している。

採用方針も面白い。パイロットも同じだが、「ユーモアセンスのある人」を採用のポイントとしている。ユーモアにある人は、変化にも素早く対応出来るし、プレッシャーの中でも面白い事を考える(資質は生まれつき、能力は開発できると発想)。明るい職場で仕事を楽しむ雰囲気を創ることで、生産性も、創造力も、適応力もUPする。

「社員第一、顧客第二」の方針を徹底する。客室乗務員の服装もキュロットスカート、ブーツなど自由とか。お客から「客室乗務員はふざけすぎ」とのクレームがくることも多いが、「方針は変えたくないので、お気に召さなければどうぞ他社をご利用ください」と返事を出すらしい。

日本でもANA,JALがLCCに参画を表明している。アメリカでは、国内線の旅客数ではユナイテッド航空、アメリカン航空を抑えて世界ナンバーワンとか。ANAもJALもよほど戦略を明確にしないと、特に国内線では激しい競争となり、相乗効果どころか、共倒れの可能性もあるのではなかろうか。(大部分は「破天荒!サウスウェスト航空―驚異の経営」〔日経BP社、1997.7出版〕より引用)