「若い人への期待」カテゴリーアーカイブ

こんな「カリスマ添乗員」もいる!(日本旅行)

この3月阪急交通社のイタリア旅行に行った際、添乗員の博識に感心し、添乗員次第で旅の面白さが変わることを述べた(http://okinaka.jasipa.jp/archives/2744)。

それを突き抜ける驚くべき添乗員が日本旅行にいることを「致知2015.8」の記事が教えてくれた。その名は、平田進也氏(日本旅行西日本営業部個人旅行営業部担当部長&おもしろ旅企画ヒラタ屋代表)。その記事のリード文を紹介する。

突き抜ける、とはこの人の事を言うのだろう。平田進也氏は大手旅行代理店の1社員だが、年間売上8億円、お客さまからなるファンクラブの数も2万人にのぼる「カリスマ添乗員」である。平田氏はいかにしてお客様の心を掴んだのか。いかにして前例のない驚きと感動のツアーを企画し続けるのか。その仕事術に学ぶ。

平田氏が企画したツアーの一部が紹介されている。

仇討ツアー:日頃旦那さんたちが遊び回っている大阪の歓楽街・北新地に奥様方が繰り出し、高級クラブ、高級レストランを巡る旅。奥様の反応―男たちはこんな遊びをしているのか、腹立つわ(笑)。

快GOツアー:ファンクラブの方のお父さんが脳梗塞で倒れ、「車椅子でも行ける旅行」を希望されたため企画。介護福祉士を同伴し、日頃介護されているお客さんに代わって車いすを押し、お風呂にも入れてあげる。この取り組みがテレビで紹介され、同じような要望が殺到。

こんな企画を年間40本近く企画、平田さんの企画なら何でもいいから参加したいと全国から平田ファンが集まってくれる。平田氏の原点は「お客さまに喜んでもらいたい、とのお客さまに寄り添う心」だと言う。場合によっては、お客さまが喜んで下さるなら女装や変装も辞さず。「なんでそこまで?」と思う方もいるが、中途半端にやるのではなく、人生やりきる、ただ生きるのではなく、生き尽くさなければならない。肩書も関係なく、人間・平田進也がどれだけ仕事に尽くし、お客さまに尽くし、周囲の皆様に尽くして、かけがえのないご縁を築けるか、それこそが人生の財産であると平田氏は言い切る。

当初はお笑い芸人を目指していたが、意に反して旅行会社に入社。そしてお客様の喜ぶ声と顔に魅せられて、これからも添乗員を天職として感動のツアーを提供し続けていきたいと意気込む。まさに「いま、ここ」に志を持って集中する、その生き方がお客様の感動を生み、ファンを増やし続けることだろう。

キャリアの8割は偶然がもたらす!

4月6日日経夕刊9面の記事だ。多くの社会人は「自分は何をやりたいのか」「何が出来るのか」をしっかり検討し、実現に向けてプランを立て実行すべきだと信じている。だが、ビジネス界で成功した人を調べたところ、計画通りのキャリアを歩むケースは少数。8割は想定外の出来事がキャリアアップや成長の足掛かりになっていた。その結果を踏まえて、スタンフォード大学のクランボルツ教授は

キャリアの8割は偶然がもたらす

と言い、偶然のチャンスを待つだけの消極姿勢ではなく、想定外の出来事を糧とし、成長できるように行動の心得を提唱する。

  • ・新しいものに関心を持つ
  • ・めげずに努力する
  • ・臨機応変に考え方を変える
  • ・「出来る」と信じる
  • ・リスクを恐れない

事例として、オリックスリビングの森川社長と東京日動火災保険執行役員の吉田正子氏を取り上げている。共に想定外の経歴(自分の希望あるいは想定している仕事とは違う)を歩みながらも、その時々の仕事にまじめに挑戦していった結果、思っても見なかった現在のポジションにいる。

この季節、新入社員を迎え、人事異動も多い。配属された職場が希望に沿わないことも多いだろう。そんな場合でも、後ろ向きに考えず、与えられた仕事を、上記「行動の心得」にもあるように、精一杯やることによって、新たなキャリアアップに繋がっていく。未来を憂えず、過去を悔いず、今に集中する「いま、ここ」の考え方を全うすることが自らの幸せにもつながっていく(http://jasipa.jp/blog-entry/7593、http://jasipa.jp/blog-entry/7878など)。

かくいう私も、全く元の会社と資本関係もない企業に呼んでいただき、図らずも社長、会長を経験させて頂いた。こんなすばらしい人生が送れるとは、全く予期せぬことだったが、20数年前お付き合いが始まった該社との出会いがこんなチャンスに繋がった。ほんとに人生は分からないものだ。思い返せば、私の人生も「いま、ここ」、与えられた仕事を誠心誠意実行してきた、そのお蔭と思っている。

「30歳世代に期待!」猪瀬直樹氏

これも昨年10月頃の社内ブログから引用したものです。

猪瀬直樹氏著作の「昭和16年夏の敗戦」という本が,昨年末来本屋に並んでいる。あるセミナー講演の際、猪瀬氏は、若者の文字離れを嘆くと同時に「上にも下にもしがらみのない30代が、適切な材料があれば、4年後を見通せる」と、その一例としてこの本を手にとってアピールされました。

早速この本を買って読みました。昭和16年と言うとその年の12月8日第二次世界大戦勃発の契機となった真珠湾攻撃の年です。その年の4月に国防国家の支柱となるべき人物の養成を使命とする「内閣総力戦研究所」(名前は勇ましい?)が設立され、軍官民3方面から「人格、身体、智能に卓越し将来の指導者たるべき資質を有するもの」36名を集め、そのほとんどが30歳代であった。組織を作ってから何をやるか議論したらしく、7月に「模擬内閣」を作り、当時の内閣を模擬しながら、いろんな議題を討議した。その中でも、7月以降急速に軍部が米国開戦に向けて動くなか、近衛内閣から東條内閣に変わり〈10月〉、天皇陛下を主とする開戦回避派との衝突がますます激しくなっていた。アメリカからの石油輸入に依存していた日本はアメリカが石油禁輸を打ち出した故に、インドネシアに活路を見出さんとしたが、「総力研究所」の模擬内閣は、ことごとく石油運搬船がアメリカに攻撃され日本に到着することはできないとのシミュレーション結果を示し、東條内閣に提示した。これは一例だが、アメリカとの戦争も綿密にシミュレーションし、敗戦を必然の結果として提示していた。しかし、最後は、大和魂で戦えば必ず勝てるとの機運におされ(アメリカにもヤンキー魂があると反対した人もいたそうだが)、御前会議において石油の確保可能量を「模擬内閣」の提示した数値を改竄し大丈夫として報告し、開戦に一気に向かったとの事でした。この本は猪瀬氏36歳の時の著作だが、勝間和代氏との対談を追加し、最近再度出版したものです。「模擬内閣」が戦争を止められなかったのは残念ですが、彼らのシミュレーションの結果は、実際の戦争の局面をずばり言い当てていたとのことで評判になっているとの事です。

このときは折角の提案が受け入れられなかったのですが、あのような軍部がのさばっていた時代に素直な意見具申を行い、当時の東條内閣もその意見を真剣に聞いたと言うことです。30代がもっともフリーに状況を判断し、先を読める世代だということは確かに一つの真理だと思います。

昨年TBS60周年記念番組「99年の愛―Japanese Americans」が高い視聴率(最後の日は19.1%)だったとか。まさに99年前にアメリカに渡った1世そしてその子供2世が真珠湾攻撃で折角の広大な農地も取り上げられ、激しい反日攻撃に晒される中で生き抜く姿を描いたものです(主演草なぎ剛、仲間由紀恵)。

平和について考えさせられると共に、若い人たちのしがらみのない自由な発想に我々はもっと素直に耳を傾ける必要があることを思う。若い人たちは、猪瀬氏が言う「言葉の力」をいろんな本を通じて身につけ、自分の意見を素直にぶつけられる素養を磨いてほしい。ハーバード大学のサンデル教授の「白熱教室」で意見が言えるように!